ダイエットで太る原因

ダイエットの経験がある人なら、ダイエットしてるのになぜか逆に太ってしまったという経験を持つ人も多いでしょう。意識して食事の量を減らしているはずなのに、なぜか太ってしまうのです。逆に太る原因とは一体なんでしょうか。ダイエット中は、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が少ないならば、原則的には痩せられるはずです。しかし、それにもかかわらず太ってしまうのには、いくつか理由が存在するのです。

 

その理由の1つ目は、体内の脂肪が燃焼しづらくなるためです。
人間の身体は飢餓状態と判断すると、空腹時でもあまり脂肪を分解しなくなります。また、本来は寝ている間にも体脂肪を燃焼していますが、飢餓状態と判断すると、節約しようと遺伝子が働いて燃焼をストップさせてしまうのです。

 

2つ目は、脂肪を取りこもうとするためです。同じく飢餓状態と判断し、「いつ食べられるかわからないから蓄えておこう」と体脂肪として脂肪を蓄えようとするのです。

 

3つ目は、筋肉が減るためです。ダイエット中はどんどん筋肉が減少していきます。筋肉が減少すれば、その分消費カロリーも減少していきますから、どんどん痩せにくくなっていくというわけです。これらを予防するために重要なのは、栄養バランスの整った食事を1日3食きちんと摂ることです。偏った食事をしていると、脳が飢餓状態と判断するので注意が必要です。

ダイエットで太る時、食べるべき食べ物NO1は?

ダイエットをしているのに太ってしまうことこれはダイエット経験者であれば経験したことがあるのではないでしょうか。できる限り、計画的に実施し、目標の数値まで体重をダウンさせたいものであると思う方も多いでしょう。1日3色食べるのが習慣であるとは言われていますが、どうしても食べ過ぎてしまった次の日食事の量を減らさなければならないことも出てくることでしょう。

 

食事の量や種類を制限したいときに食べるべき食べ物NO1とは「バナナ」が最適でしょう。バナナは食物繊維や、ビタミンB、カリウム等ダイエットをする人にとって有利な成分が沢山含まれています。食物繊維は便秘を解消してくれますし、カリウムの摂取はむくみの予防にもなります。

 

また、ビタミンBには疲労回復効果もあります。そのためお仕事が忙しくダイエットに励まれている方には、バナナは、ダイエットで太る時食べるべきものNO1であると思います。サイズもコンパクトで持ち運びにも便利です。

 

ダイエットをしているときは甘いものがなかなか食べられなくてイライラする人も多いと思いますが、バナナをよく噛んで食べれば、十分な甘みを味わうことができるでしょう。バナナを買う時には、バナナの選び方に注意すると良いでしょう。緑色に近い黄色をしたバナナでなく、すこし黒い点のあるバナナを買えば甘みを楽しめることと思います。

ダイエットで太るのは最初だけ?それともダイエット失敗?

体系や健康を気にしてダイエットを行ったことのある人も多いのではないでしょうか。
ダイエットをしているとある時を境に体重の減少が急に止まったり、逆にダイエットで太るなんていうことが起こったりします。

 

もしかしてダイエットに失敗したのではないかと思い、この期間を抜ける前にダイエットをやめてしまう人もいますが、じつは失敗ではないのです。

 

私達の体には飢餓に抵抗するために脂肪を蓄えるようになっているのですが、その脂肪を減らそうとするのがダイエットであり、私達の身体に反する行動なのです。

 

この脂肪が燃焼されるようになると、少し経ってから身体は脂肪の燃焼効率を変え、少しでも身体に脂肪を残そうとするのです。
そのため最初のうちはきれいに体重が減っていたにもかかわらず止まったり、増えたりしてしまうのです。

 

この体重の減少しにくい時期ですが、最初だけかと言うと実はそうでもなく、個人差はあるものの2〜5回程度来るといわれていて、1回あたり最大で1ヶ月ほどかかるようで。
この時期を乗り越えるためには強い意志ももちろん重要ですが、お通じを整えることで改善されるケースも多いため、食物繊維を少し多めに摂取するように心がけてみましょう。